失敗を恐れるな。こういう言葉のウェイトを知ったコミックで人生の分かれ目が訪れた

俺が激しく影響を受けたアニメとして紹介する作品は、福本伸行教官作品、「天-天和通りの快男児」だ。麻雀アニメ媒体「近代麻雀ゴールド」で連載されていた、麻雀アニメで、麻雀アニメとしても魅力の高い作品ですが、俺がとても驚嘆のは、麻雀シーンでは無い所です。

こういう作品の終幕、トップ気質のゼロ人間です赤木しげるは、アルツハイマーに加わり、「自分」というものをきつく意識して生きていた恋人は、体験がなくなるため自分がなくなる前に自殺講じる、ということをかつてのサポーターや、戦った目当てを集め、ゼロ人間ゼロ人間に報じます。自殺など講じるなと説得する者もいれば、同じくひどい疾病を患い、自分にも死が間近いと告白する者もいました。

その中のゼロ人間、井川ひろゆきは、最初は自殺を控えるために説得をしようと思っていましたが、最初のワンポイントが中々言いだせずにいました。それを見た赤木は、ひろゆきの現状を見抜きます。生が煙って掛かる、真っ直ぐ生きていない、立ち止まって掛かる、と。それは現実でした。恋人も麻雀打ちとして生きていましたが、赤木しげるや、こういう作品の主人間公共、天貴史などの強さのグランドには届かないことを悟り、争い師ではなく、勤め人として、死んだように生きていました。そのひろゆきに掛けた赤木しげるの言葉があまりにも温かく、たくましく、そして読んでいた俺をとても亢奮させました。

「命中を志すな、と言ってるんじゃない。その正誤にとらわれ、思い煩い、止まってしまう状況。高熱を失ってしまう状況。これが酷い。こっちの方が問題だ。宜しいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら上等よ…!まるで済む。済む話です。だから、恐れるな。増やす…!負けいくさを恐れるな…!」

こういう赤木のセリフはごく一部ですが、恋人のいう「負けいくさを恐れるな」の重みは、世間でよく仰るそれとは階級が違う。勿論誰だって命中は望むだ。しかし恋人はこうもいう。「それはデコレーションです」と。命中は人間生のデコレーション。ただやる事、その高熱、所作そのものが、通じるってことなのだと。こういう言葉が、どれだけ俺を勇気付けたでしょう。そして、今でも立ち止まった時は、恋人の言葉が前に進むためのモチベーションになっています。

眼は私の引け目。人にはイヤですなとおもうコンテンツがいくつかいる賜物。

私の目は腫れぼったくて肉厚な裏二重の目だ。顔つきのことを気にするようになってから、二重に望むなと思ったり瞼の脂肪が減らないかな?と悩んだりすることが多くなりました。まず一番初めに行ったことは、お風呂で目の運動をすることでした。上記を見てみたり、後述を見てみたりして眼球をいっぱい動かして瞼の肉をいっぱい動かして燃やす方策でした。そして、それでも顔つき全体の肉が多いことや太ってることがファクターかと思って、全身から痩せようと憧れダイエットをしました。15寸法痩せてみて初めて顔つきの肉付きが少し減らせたかな?と受けとるくらいでした。そして、少しやせたことによって、瞼の目方も減ったので、アイプチなどを努めました。二重になることがパーフェクトでしたが、やはりもともとの目の分析がとてもつらいイメージなので、さっぱりした目のあたりは仕立てることが出来ませんでした。アイプチも効き目があまり期待できませんでした。それから、瞼のマッサージをして血行をよくして目のむくみもなるべく残さないように努めました。そのうえ、さらにダイエットを続けました。がりがりになったあたりに、このくらいの目の腫れぼったさが私の限界ですなと伝わり、自分の暑苦しい顔つきの分析を聞き入れることにしました。そして、アイプチではなくて、アイテープを使うようにしたら、瞼が重くてもどうにかはっきりした裏二重を手に入れることが出来ました。しかし、人間と接近して思いっきり笑えなかったり、テープのことを気にかけて楽しめないこともあります。なので今ではあるがままの目を受入れ他のコンポーネントに自信を持つことにしたり、目の引け目にばかり気がいかないように工夫してドレスアップをとりいれて、目のあたりの引け目を軽減しました。本音を言えば整形なども狙うくらいですが、お金が遅れるので、いろいろこれからも工夫していくと思います。